コミュニティ説明会開催報告 (7/23)

以前より告知しておりました、「将Giveのコミュニティ」についての説明会を
7/23(土)のイベント後に行いました。

このページでは、将Giveコミュニティ説明会の開催報告として、
いただいたご質問・ご回答、持ち帰り事項を回答させていただきます。

コミュニティ説明会

通常のイベント、7/23(土)の将Give将棋交流会vol.24の後、
1時間ほどを設けてコミュニティ説明会を行いました。

約20名にご参加いただき、質疑応答を交えて行いました。

将Giveのコンセプト、
コミュニティ設立への思い、
コミュニティで実現可能となること、
コミュニティメンバーの特典、
今後の展望、
会費と開始時期など。。。

盛りだくさんの内容の説明会でした。
参加出来なかった方は、この開催報告をご確認いただき、
コミュニティへの参加をご検討ください。

コミュニティについての全体説明

コミュニティについての全体説明は、
将Giveコミュニティご案内ページに詳細に記載しております。

リンク先をご参照いただければと思います。

質疑・応答

コミュニティ説明会の中で、たくさんの質問をいただきました。
ひとつずつ、お答えしていきます。

Q.1 休会について

長期で来れない場合にはどうなるか?
休会などは可能か。

A.1 事前にご連絡ください

休会の場合は、事前にご連絡いただければ対応可能です。
事務手続きがあるため、余裕をもってご連絡ください。

最長の休会期間、復会のタイミングなどは規約に従います。

Q.2 支部化について

コミュニティと「支部」は異なるのか。
異なるのであれば、「支部化」は検討しないのか。

A.2 支部化は検討中です

コミュニティは、「支部」とは異なる団体です。
将Giveの支部も作ることは検討していますが、現時点では支部はありません。

支部化することでのメリットも大きいですが、
公平を期すために、コミュニティの上位組織として支部を設けるイメージです。
 (2016年7月時点の構想)

Q.3 女性の会員価格について

女性の年会費割引はないか。

A.3 年額でも割引された金額でご参加いただけます

年払いの場合、男性22,000円で女性は18,000円ですので、
割引された金額でご参加いただけます。

Q.4 書類の提出タイミングについて

書類はいつ持って来ればよいか。
すぐに持ってこれない場合はどうなるか。
→ 説明会・チラシに記載の金額の適用期限はいつまでか。

A.4  2016年8月31日まで適用とします

月会費・年会費は2016年内は変えません。
チラシの特典については、2016年8月31日まで適用します。

また今後、値上げする場合には2か月前より、ブログ・メルマガなどで告知します。

Q.5 コミュニティ規約について

将Giveコミュニティ規約を開示していただきたい。

A.5 2016年7月30日に開示します

2016年7月30日に、ホームページ上からダウンロードできる形にして開示します。

 →規約を開示しました。コミュニティインフォメーションページよりご確認ください。

Q.6 会計の締めについて

会計の締日はいつか。

A.6 検討中です

検討中です。規約開示のタイミングまでに決定します。

 → お申込みのタイミングからの1ヶ月毎(年払いの場合は1年毎)です。

Q.7 説明会に来れなかった方への対応について

説明会1回は来れなかった方への不利益になるのでは。

A.7 メール・ブログで展開します

コミュニティ説明は、ブログ上で行っております。
説明会で上がった質問についてもブログ(本記事)を作成し、
メールにて展開する形を取らせていただきます。

ご配慮、ありがとうございます。
説明会特典についての適用有無は別途検討します。

Q.8 将Gi部会での意見に食い違いが出た場合

将Gi部会での意見に食い違いが出た場合などは、どのように対処するか。

A.8 話合い、多数の意見に従います (コンセプトに沿っている前提で)

必ず、コンセプトに沿った意見である必要があります。

そのうえで食い違いが出た場合は、優先順位付けなどを話し合い、
出来るだけ多くの方が納得していただけるように調整します。

Q.9 会計の開示について

コミュニティ運営費用について、開示いただきたい。

A.9 開示します

コミュニティ会費の用途などを開示します。開示方法は追って決めていきます。
何に使う、何を買うなどは将Gi部会にて話し合って決めていきます。

Q.10 非コミュニティメンバーへの対応ついて

コミュニティメンバーではない方はどういう扱いになるのか。
その方たちは不利益を被らないか。

A.10 今まで通りの対応です

コミュニティメンバーではない方は、今まで通りの対応となります。
交流会であれば、都度のイベント会費になりますし、
講座・レッスンであれば、通常料金での参加となります。

ただし、駒持参の都度の割引は廃止になります。

また、今まで通り、社団戦の参加も出来ません。

Q.11 トラブルが起きた場合の対応

人数が増えていった場合に、トラブルが発生した場合はどう対応するか。

A.11 ご意見箱を設置し、未然に防ぎます

トラブルを自ら発生させようとする方は、退会いただき、参加させません。

また、知らず知らずにトラブルにさせてしまう方は警告し、
改善が見られないようであれば退会していただきます。

ただし、好き・嫌い、合う・合わないはどうしても発生すると思いますので、
調整できるよう、あるいは理解しあえるよう、尽力します。

運営側への意見含め、目安箱を設置してほしいとの要望がありましたので、
ホームページ上に用意します。

説明会にご参加いただいたみなさんへ

説明会にご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

たくさんの質問をいただき、(正直、運営側で考えが及んでいないところもあり、)
皆さんのご意見をもとにした、より良い将Giveコミュニティをつくることが出来ると確信しています。

皆さんで作り上げていくコミュニティですので、これからもよろしくお願いします♪

十分にご納得いただけましたら、コミュニティお申込みフォームよりお申込みください。

説明会にご参加いただけなかったみなさんへ

今回の設立時期の説明会、一度しかご用意できずにご不便おかけしました。

コミュニティご案内と、この記事に記載しました質疑応答をよくお読みいただいて、
コミュニティ参加をご検討ください!

必要・ご要望に応じて、第二回のコミュニティ説明会の開催も行いますので、
どんどんご意見いただければと思います。

十分にご納得いただけましたら、コミュニティお申込みフォームよりお申込みください。

将Giveコミュニティのご案内

20代・30代の同世代の仲間とリアルで将棋を楽しみつつ、将棋普及に貢献していきませんか??

将Giveでは、コミュニティメンバーとして一緒に活動出来る仲間を募集しています。詳細はコチラよりご確認ください!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です