「好きな戦法」 <砂村>

こんにちは。今回は自分な好きな戦法についてですが、色々な戦法を勉強するたびに、将棋というものはホントに自由なゲームで飽きないなぁとつくづく思います。

私が好きな戦法は「ひねり飛車」という戦法です。

いまいちピンとこない人も居るかもしれません。一世代前に流行った戦法です。

【ひねり飛車とは】

相掛かりの出だしで2筋の歩を交換した後に浮き飛車にして、飛車を7筋、8筋に振るという作戦です。

【何故好きなのか】

・好きな理由1:居飛車と振り飛車両方できる。

居飛車にしようかなぁ?振り飛車にしようかなぁ?んー、居飛車・・・いやいや、振り飛車にしようかな・・・・んー、どっちもだな!そんな感じです。

・好きな理由2:片美濃囲いって凄い。

本格的な相居飛車の対局では自分の玉の囲いに困ります。相手の飛車が攻めてきている方に玉を囲うのも嫌ですし、かといって自分の飛車のほうに寄りたくもないですね。さてどうしたものか・・・・一旦、飛車を振って美濃囲いにしておけば遠いし堅い!

・好きな理由3:狙いの方向性が分かりやすい。

この戦法を採用している一番大切な部分です。この戦法は無条件に飛車交換を成功させれば勝ちという戦法なんです。言葉で説明するのは難しいですが、簡単に言うと自陣は飛車を打ち込む隙がなく、相手は隙だらけな上に逃げるところもありません。なので、この戦法の目標は飛車交換を相手に強要していくだけというシンプルな作戦になります。これ以上説明するとネタバレになるのでやめておきますね笑

・好きな理由4:採用率が低い。

残念ながらプロでもアマでもこの戦型になることはあまりありません。しかし、それがいいところ!スペシャリスト感が出ていいですね。ではなぜ採用率が低いのでしょうか?

【なぜひねり飛車にならないのか?】

理由1:避けやすい

相居飛車には主に4つの戦型がりますね。矢倉・横歩取り・相掛かり・角換わりです。ひねり飛車にするためにはまず、相掛かりにならなければならないのですが、角道を開けられた時点で、相掛かりにはなりません。

理由2:避けられる

理由1で説明した通り、相掛かりにするためには2六歩と飛車先の歩を突いていく必要があります。で、この時点でもう、「私は相掛かりができますよ」と宣言しているようなものなんです。後手が相掛かりをわざわざ選択したいという場合を除いては、まず避けられます。

最後に

▲2六歩に△8四歩と突いてくださいお願いします。

将Giveコミュニティのご案内

20代・30代の同世代の仲間とリアルで将棋を楽しみつつ、将棋普及に貢献していきませんか??

将Giveでは、コミュニティメンバーとして一緒に活動出来る仲間を募集しています。詳細はコチラよりご確認ください!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です