第7回「将棋アイテム」<砂村>

自分が愛用している将棋アイテムを紹介できる実にありがたいコーナーですね笑

とは言っても、私が持っているものはどれも古いものばかり。祖父が父に買い与えたもののおさがりです。ですが、幼少のころから自分の物として使っているのでかなりお気に入りです。

■駒 

s__1680447  s__1680445

1974年の10月に購入したようですね。右の写真は箱の部分が壊れており接着剤でくっ付けなければならない破片です。

■盤

s__1680450 s__1680446

こちらは昭和四十三年の購入だそうです。

・・・・・・・・あれれ、おかしいですね??おかしいですよ?昭和四十三年は1968年。駒を購入したのが1974年。

6年間は盤だけで遊んでいた説が浮上!!!!!!(ものすごくどうでもいい)

足つきの盤もあります。一人暮らしの狭い部屋に足つきの盤があると凄い存在感です。(うっかりしてるとちゃぶ台になるので常に駒を並べてある)

■サイン入りのグッズ

s__1680449 s__1680448

普段お世話になっている尊敬する北尾先生のサインの入った一寸盤(左)と、この間教えている生徒に貸したら壊された中原先生の扇子(右)です。

「楽遂」とは 楽しみをきわめること。「明者知自」は 自らを知る者は明るい。

以上です。単に自分の持っているものを紹介するコーナーを面白く書くのは難しいです。

ではまた。

将Giveコミュニティのご案内

20代・30代の同世代の仲間とリアルで将棋を楽しみつつ、将棋普及に貢献していきませんか??

将Giveでは、コミュニティメンバーとして一緒に活動出来る仲間を募集しています。詳細はコチラよりご確認ください!

シェアする

フォローする