第一回 「好きな駒」 <川合>

 
 
好きな駒ですか?う〜ん、言われてみればあんまり考えたことないんですよね…
 
「やっぱり飛車かなぁ」
 
そんな程度ですが、振り飛車党だし、飛車は好きです。
 
飛車を上手く使う(捌く)のが振り飛車(党)であると思っています。
 
 
ただ…改めて考えてみると、
 
大事に思うのは「歩」かもしれません。
 
飛車は、前述のように、上手くいって捌いてしまうのが常
 
「自陣の飛車が相手陣に成り込む」というのは少ないはず。
 
序中盤では飛車を緻密に使うのは面白いところですが、
 
(捌くなどの)そういった意味では意外と扱いは雑なのかもしれません。
 
飛車角交換や相手の飛車との交換、そう考えると、自陣の兵(飛車)でなく、相手の兵(飛車)が大事…
 
相手の王様を仕留めるときに活躍するのは、寝返った兵…不思議なものですね(^_^;)
 
(飛車に限らず将棋はそのケースが多いのか。たくさん、寝返らせるゲーム…苦笑)
 
 
「歩」は大事ですね。歩の使い方次第で局面を有利に持っていくことができますし
 
歩の使い方一つで棋力が2つ3つ変わるのではないでしょうか。
 
「歩のない将棋は負け将棋」と言いますが、ほんとに中終盤で持ち歩がないのはすごく指しにくいです。
 
歩がないことで勝負が決まってしまうことも多々あります。
 
それを考えると、「読み」の中でも数手先の局面で持ち歩がなくなる変化というのは選ばないのが良いのかもですね。
 
細かい歩の使い方、これはほんと大事ですね。
これはほんと将棋の面白い部分の一つかな、と。
 
最後にためになる豆知識を一つ
 
こないだyoutubeで見たのですが、尊敬する藤井さんが言ってました。
 
「振り飛車は飛車が大事だと思うのが普通ですが、実は(陣形的に)角が振り飛車の陣形を支えている。角が要なんです」
 
なるほど、たしかに!
 
そういえば、将Giveの講座でも、
講師が
「(居飛車目線で)振り飛車の陣形に飛車が成り込むには角が邪魔だから居飛車はそれをどうにかしようとする」
 
と話していて、なるほどな、と勉強させられました( ´∀`)
 
 
 
 
 
将Giveコミュニティのご案内

20代・30代の同世代の仲間とリアルで将棋を楽しみつつ、将棋普及に貢献していきませんか??

将Giveでは、コミュニティメンバーとして一緒に活動出来る仲間を募集しています。詳細はコチラよりご確認ください!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です