第4回 「やられたら嫌な戦法」(川合)

 
第四回はまた将棋の話に戻りまして
 
やられたら嫌な戦法
 
についての記事です
 
私は振り飛車党というのもあり
 
1、石田流三間飛車

 
相振りが苦手です。
苦手苦手言ってても仕方ないので経験積んで
昔ほどは指せるようになりましたが。
 
2、右玉

まだ経験が浅いのもあり、
どう仕掛けていいのか、と
終盤どう手をつけたらいいのか、が解らないことが多い
 
3、居飛車穴熊

嫌ではないんですが、勝率はやはり低くなりますね。
特に四間飛車の時は居飛車穴熊組まれるのは少し嫌です。
初段以上の穴熊はダメですね。中級位者ぐらいまでの穴熊なら逆に潰しやすいんですが。
角道を止める振り飛車系では全体的に居飛車穴熊は天敵じゃないでしょうか?
囲い終わるまでは急に攻めてきたりはしないので、その点は安心なのですが。
 
4、中飛車

主にゴキゲン。ノーマルの中飛車使う人ほとんど見たことはない。
嫌な戦法ではあるが、実は対中飛車の勝率は高い。
ただ(自分の指し方として)対中飛車対策として居飛車を強いられるのと、
振り飛車なら三間飛車にするぐらいだが、
いずれもこちらの陣形が整わないので、やられたら嫌な戦法ではある。
逆も然りなのだが。先手中飛車が一番嫌かもしれないな。
 
5、四間飛車、角交換四間飛車

これも中飛車と同様に、四間飛車にするのは指しにくいし、
角交換は振り飛車にすらできないので、自分はめっちゃやるけど
相手としてはあまり見ないので、浮かびにくかったが、
自分の好きな戦法(四間飛車)や振り飛車をさせてもらえないのは嫌な戦法の一つである。
 
以上。テーマでないので、さくっと書くが逆にやられて嬉しい戦法は
 
1、四間飛車に対しての急戦

勝率は別にして、四間飛車らしい面白い将棋になる。
中盤のねじり合いが面白い。対穴熊は神経使うしつまらない。
 
2、奇襲戦法全般

ハマるときついけど、ちゃんと受ければ優勢になれるので。
基本的に相手が定跡形から外れるというのは、どこかに無理がある。
 
3、棒銀

四間飛車時だとカウンターが決まって面白い。
相手の銀がそっぽに行くことが多いので、全体的に戦いやすい。
上手い人は綺麗に棒銀決めてくるが。
 
そんなところかな(^o^)
皆さんのやられたら嫌な戦法も教えてくださいね♪
 
 
 
 
将Giveコミュニティのご案内

20代・30代の同世代の仲間とリアルで将棋を楽しみつつ、将棋普及に貢献していきませんか??

将Giveでは、コミュニティメンバーとして一緒に活動出来る仲間を募集しています。詳細はコチラよりご確認ください!

シェアする

フォローする